防災グッズ・災害グッズの販売|災害用浄水器|高性能RO(逆浸透膜)浄水器は災害時も大活躍!

【長岡市】防災サマーキャンプ2018 in川口

 

"今年の防災キャンプの目的は、「いざという時の自分の行動・思考を育む」「避難所を知り、生き抜く為に、できる技術・知識を学ぶ」です!"

 

避難所受付

大規模な災害が起き、避難所へ避難してきました。各世帯、避難者名簿を記入。

参加者:避難者名簿ってものがあること自体知らなかった。記入する項目を知っておくと何を確認しておけばいいかわかった。

 

防災衛生会議

今回、特別ゲストとして「防災衛生会議」のメンバーの皆さんが来てくれました。

「被害をうけない・被害をひろめない」ことを中心に、避難所での衛生管理などをご教授いただきました。

 

「ご飯が足りない・・・」チームでこの状況を考えました。面白い意見がたくさん出ていました。

 

ご飯を食べ、午後一番のプログラムは、弊社スタッフ長島による「被災時の避難経験による教訓/避難所での課題」です。

参加者:実際のお話なので理解しやすかった。女性の目線の話が良かった。

次は、自分達の生活空間をどうつくるか?をチームで検討し避難所作成に入りました。

参加者:自分の過ごしやすい工夫をしたい。

参加者:5人家族だから配置を考えました。プライバシーの壁にドアを作ってみました(^^♪

参加者:みんな工夫していてすごい!!

参加者:更衣室の隣にもゴミステーション(ゴミ箱)を設置してみました!

参加者:夜は、電気がないから日中に作った”ペットボトルランタン”で明かりをつけました。みんなでつけると綺麗で明るい。

 

【2日目】

「防災クロスワード探検隊」~キーワードを見つけ出せ!~

参加者:はじめてトランシーバーを使ってみた。災害時は携帯が使えなくてもこれがあれば通信できる!

さぁ出発だ!

答え合わせ!

 

最後は全員に感想を発表してもらい終了しました!!

そして、木沢地区のお父さんから防災キャンプ用の看板を作成してもらい、みんなで「未来の自分に向けた決意」を書いてもらいました!

これを会場の外にあるグラウンドに飾り、いつでも見に来れる場所に設置しました。

また参加者が気軽に遊びに来れる思い出作りに一役買ってもらいました。

ひでおさんありがとう(^^♪

 

「来年もこのキャンプで成長した参加者、初めて参加する人たちと出会えますように!」

2018年防災キャンプ実行委員会スタッフ一同

 

 

 

 

この記事の著者