防災グッズ・災害グッズの販売|災害用浄水器|高性能RO(逆浸透膜)浄水器は災害時も大活躍!

燕三条防災ネットワーク協議会「防災研修会」

糸魚川大火 報告

今回、燕三条防災ネットワーク協議会さまよりご依頼をいただき。兄弟で報告させていただきました。

昨年末に発災した糸魚川での大火。

発災翌日には現地入りし地元社協さんとの協力のもと「ボランティアセンター」を開設しました。

そんな経緯もあり、本来であれば「にいがた災害ボランティアネットワーク」の李事務局長が報告するところを野村防災の兄弟で発表させてもらいました。

前例がない“火災”という被災地でボランティアセンターに起こりえる今までにない「課題」や「視点」を我々なりにまとめてみました。

今回は早い段階での様々な動きができたことが成果だったのかな。そのための平時の備え、考え方の共有、お互いの強み弱みの把握など経験を積めば積むほど今までの研修や講座がしっくり自分に落ちてくるのを実感しています。

近年、災害がない年がない。災害大国に暮らしている以上、上手に付き合っていくしかない現実がある。災害時の不安材料は普段の不安材料に繋がっている場面が多い。普段から不安材料は消していけるよう準備しておこう!!

これからも頑張るぞ(^_-)-☆

この記事の著者