防災グッズ・災害グッズの販売|災害用浄水器|高性能RO(逆浸透膜)浄水器は災害時も大活躍!

にいがたwakuwaku防災キャンプin長岡

にいがたwakuwaku防災キャンプを開催致しました。
開催前から実行委員会を何回も開き、協議を重ねこの日に至りました。

【開催場所】
長岡市 東山ファミリーランド内 キャンプ場

【開催日程】
平成26年8月23日 ~ 8月24日 (1泊2日)

【参加対象】
親子

【主催】にいがたwakuwaku防災キャンプ実行委員会
【共催】:地域防災力センター・
㈱野村防災
【協力】長岡市ボーイスカウト・中越市民防災安全士会・長岡子育てライン「三尺玉ネット」・多世代交流館「になニーナ」・ハンドセラピー「にこて会」・酒屋「韮澤」
 

【想定】
8月23日早朝に新潟県長岡市を震央としたM9の直下型地震が発生。自宅などを含め、周りの建物にも避難するのが危険な状況のため、近くのキャンプ場(開催地)に避難してきた。情報によると翌24日に救助が来る予定でなんとか1日そのキャンプ場で生き延びなければならない。スタッフ含め、全員が避難者という設定

 

【趣旨・目的・内容】
中越大震災から10年目の節目に伴い、家族で「防災」「減災」を考える機会として、平時からの取り組み、非常時にリーダーシップを取り、ライフライン復旧までの生活を出来るだけ安全に円滑に実施できるようになる人材育成といった地域防災力の向上を目的とする。
実施内容は参加者に伝えず災害が起こった想定での、ロールプレイングキャンプとし途中に体験するイベントを提示し、それを実施することによって、防災に対する考えを深めてもらうように促す。なので、参加者はどんな事があるのか一切わからない様になっております。

当日1日目は朝10時からプログラムがスタート!!
まずは全員で自己紹介をしてから今回の防災キャンプの柱を作って頂いた小林隊長から趣旨の説明がありました!

wakuwaku 防災キャンプ 親子 長岡市 イベント
真ん中にいるのが「長岡市ボーイスカウト」の小林隊長(※鬼軍曹役)です。

第1プログラムは【テント作り】
その日、泊まる家族分のテントを家族で作ってもらいます。
wakuwaku 防災キャンプ 親子 長岡市 イベント
参加者の方からは、実際にやってみると結構時間がかかるのがわかりましたとの事です。テント作りをした事がない家族も体験できてよかったと話しておりました。
子ども達も自分達が寝る場所なので真剣にテント作りをしておりました。

そして、第2プラグラム【生き延びるための資材を調達せよ!!】
限られた資材の中から、家族2日分の資材を調達し、その資材を使い2日間を耐え抜くとうプログラムになります。
他の家族もいるので、みんなで分け与えて協力し、話し合いながら決めていきました。
wakuwaku 防災キャンプ 親子 長岡市 イベント 資材調達
少ない資材だったので、普段の生活がどれだけ不自由の無い恵まれた暮らしなのか気づきましたと話していた家族もいました。
 

第3プログラム【簡易ポカリ作り】
どんな時でも水分補給が大事になります。脱水症状を防ぐ大事なアイテムです。

塩・砂糖だけでは多少飲みづらいので、レモン汁を少しいれると飲みやすくなります。

続いては、お楽しみの【炊き出し 昼食作り】です。
朝からのプログラムでお腹が空いていますが、昼食も自分たちで作ります。
料理はパッククッキングで焼きそばです!

≪パッククッキングとは・・≫
ポリ袋に食材を入れて湯せんで火を通す調理法です。 ガスや水道、電気などのライフラインが使えなくなっても、カセットコンロ、鍋、水、ポリ袋を準備すれば簡単な食事を作って食べることができます。

今回は野外になるので、まずは、火おこしからです。
担当の井上さん・坂谷さんからどの様に火をつけるか簡単ポイント(①あまり燃料
(薪・枯葉)を入れすぎない!、②空気が入る所を空ける!)を教えて頂き、全員で協力し火をつけていきます。子ども達はあまり体験した事がないようで、熱心に火をつけておりました。初めての事なので、ガンガン燃料を入れていきます・・・

wakuwaku 防災キャンプ 親子 長岡市 イベント 炊き出し 火起こし
スタッフからは少しづつ燃料を足すのがポイントと話していたが・・・。入れすぎた!!

そして料理は耐熱性アイラップを使い、焼かない焼きそばです!ソーセージ・もやし・麺・粉末ソースを一緒に鍋で茹でてるだけです。

鍋の取っ手は溶けないようにアルミホイルで補強しました。
スタッフからのポイントでは炊くお湯は今回はキャンプ場の水を使ったが、袋に入れて茹でるので、川の水を鍋に入れて沸騰させてもできる調理ですとの紹介もあり参加者も納得の様子でした!

そしてハイ出来上がり!
wakuwaku 防災キャンプ 親子 長岡市 イベント パッククッキング 焼きそば
油も使わないので、ヘルシーで焼くよりおしいいとの評判でした。
取材に来ていた日経新聞の方にも食べてもらいましたが、調理法がすばらしい!皿も汚れないし、ゴミも袋一枚のみ、味はとてもおいしい!と言って頂きました!

満腹になり、少し休憩をしたら、午後の部に行きます。
午後は大人・子どもに分かれてプログラムを行います。

まず、大人は【応急処置&簡易虫対策】
応急処置に関しては、中越市民防災安全士会の石黒さんから止血法や搬送訓練のレクチャーをして頂きました!
いつなんどき自分の家族が病気・怪我になるかわからいので真剣に取り組んでおりました。
また、簡易虫対策は野外だと虫がたくさんいて蚊・アブ・ブトなどがいるので、はっか油・エタノール等を使いはっかスプレーを作りました!はっか油を使っているので、スース―して気持ちいいとの声もありました!

そして、子どもは【防災オリエンテーション】
近くの池まで防災探検スタート!暑い中なので、先程作った簡易ポカリを持ち、所々に防災クイズがあるので、全問クリアを目指します。
wakuwaku 防災キャンプ 親子 長岡市 イベント 防災オリエンテーション問題を全問クリアするとクリアマップにシールが張られます!!みんなシールが欲しいから真剣に答えてくれました!
わからない問題はみんなで協力し相談してました!

帰りは、【防災オリエンテーション 第二弾】
wakuwaku 防災キャンプ 親子 長岡市 イベント 防災オリエンテーション
目隠しで2人1組でキャンプ場まで戻ります。災害時にはどんな状況になるかわかりません。障害物を乗り越え、周りとぶつからない様にゴールに向かいました。

そして、戻ってきたら、少し休憩をし【夕食作り】に取り掛かります。
昼食の時に火お起こしをしたので、みなさん慣れた様子で火をつけておりました。
また子どもが火の門番を始めました。
お昼に教えてもらったポイントも忘れ、次から次へと燃料をガンガン入れていきます!空気の入る隙間さえありません!

夕食は、材料が届けられた設定で限りある食材で料理をしていきました。
wakuwaku 防災キャンプ 親子 長岡市 イベント 防災オリエンテーション 夕食炊き出し

夕食はお昼で経験したパッククッキングでドライカレー・豚汁・じゃがりこサラダ・目玉焼き!!
切る物がピーラーとキッチンはさみしかないので、材料をピーラーで皮を向き、はさみでちょきちょき切っていきました!かなり時間が掛かりましたが・・・。これも良い経験です!!

wakuwaku 防災キャンプ 親子 長岡市 イベント 防災オリエンテーション 夕食 炊き出し

皮むき班、米班、サラダ班、まき割り班に分かれ夕食の準備が進んで行きました。

wakuwaku 防災キャンプ 親子 長岡市 イベント 防災オリエンテーション 薪割り

夕食用の薪、次の日の朝食用の薪を中学生が割ってました!後ろでは、にこ手会の横山さんが鬼軍曹役の小林隊長に手ツボマッサージをして癒しておりました!

そうこうしている内に暗くなり、ご飯を食べる頃には真っ暗になってしまいました!!
ドライカレー・豚汁・じゃがりこサラダをそれぞれ盛り付け、いざ、いただきます!!

お昼ご飯で行った、パッククッキングでドライカレーです!
味もしみており、美味しい!

続きまして、サラダです!
wakuwaku 防災キャンプ 親子 長岡市 イベント 防災オリエンテーション サラダ

じゃがりこの塩加減丁度いい感じでできあがりました!
少し遅くなったので、みんなお腹が空いていたようなのか、バテバテなのか無言で食べておりました。

ご飯の終わり、片付けをしたあとは、
【ナイトプログラム第一弾】
にこ手さんからの手ツボマッサージです。
手のひらにはたくさんのツボがあることを教えて頂き、特に指にはたくさんツボがあるそうです!
みんなも疲れていたので、真剣にツボを押していました。

【ナイトプログラム第二弾】
地域防災力センター長による防災談話です。
wakuwaku 防災キャンプ 親子 長岡市 イベント 防災オリエンテーション 防災講話
それぞれの家庭での備えや、心構えなど話して頂き、防災の敵とは?など色々お話してもらい、みなさん大満足でした。

【ナイトプログラム第三弾】
子ども達は簡易ランタン作りです!
ビン・アルミホイル・サラダ油・ティッシュでできるランタンです。
wakuwaku 防災キャンプ 親子 長岡市 イベント 防災オリエンテーション ランタン
少量の油でも30分以上は持つ優秀なランタンが出来上がりました。
災害時でも、もし電気などがなければなど考えると覚えていて損はないランタンです。子どもたちもすぐに作れちゃいます!!
あるスタッフがライトをもっていなかったのでテントの外に置いておいたら2時間はついていたそうです!!

そうこうしている内に夜も更けてきたので、明日もありますので、それぞれ就寝です!
おやすみなさい!

【2日目】
6:30起床

清々しい朝、全員でラジオ体操からスタートです!

体操後は、朝食に取り掛かります。
前日から火おこしはできたので、慣れた感じで火を焚いていきます。
朝食のメニューは【簡単パスタ】、昨晩の残りの【豚汁】、【ゆで卵】です。

簡単パスタはパスタとご飯にかけるふりかけだけですが、しっかりと味もあります!!今回は、ウィンナーがあったのでそれをトッピングしました!
家庭にもあり、さっと作れて、即席で簡単でした!それぞれ、玉子ふりかけや、焼肉ふりかけ、タラコふりかけなど色々なものを試し、子ども達にも好評でした!!

最後のプログラムは、修了式です!!
全プログラムをクリアした参加者には認定証の贈呈がありました!!

wakuwaku 防災キャンプ 親子 長岡市 イベント 防災オリエンテーション 朝食

みんなうれしそうに受け取ってくれてホッとしました!!

修了式が終わったら、大変な片付けです・・・。

みんなで山の上からありとあらゆる荷物を歩いて持っていきます!!
最後の最後に一番体力を使う事となりました!

何往復もし、テントやら鍋やらゴミやら様々ですが、本当にこれが疲れました。
2時間くらいかけて、やっと終了しました。

 

最後にみなさんと色々話し感想などを聞いてみたら、
・1人でもできない事も協力する事で、できた。みんなで協力する事の大事さがわかった
・普段の生活がどれほど便利なのか身に染みてわかった
・火おこしが大変だった。でも楽しかった
・パッククッキングは知らなかった。良い勉強になった。みんなに教えたい

・普段気にしないけど、ゴミがすごいでてビックリした
・また来年も参加したい、友達も誘いたい

など色々な感想をきけて、スタッフ一同うれしい限りでした!!

今回の防災キャンプで学んだ事を普段は何気ない日常生活ですが、いざ非日常になった時にも焦らず・パニックにならない様、役立ててもらえたらと思います。
にいがたwakuwaku防災キャンプは第1回目ですが、継続して毎年行って行きます!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この記事の著者