防災グッズ・災害グッズの販売|災害用浄水器|高性能RO(逆浸透膜)浄水器は災害時も大活躍!

お互い様BC連携ネットワークサミット

2015年 3月11日(水)、東京にて全国規模のビジネスネットワークサミットが開催されました。

【お互い様BC連携ネットワーク】ってなに?なんじゃそりゃ?と思う方もいらっしゃると思うのでご説明いたします。

お互い様BC連携ネットワーク

・ 困った時は「お互い様」の精神で、さまざまな事象を想定し事業継続が困難になった時に仕事の融通をし合いBC(事業を継続しあえる関係)で、日頃の仕事の融通関係や  口約束ではなく、業務委託協定書と、守秘義務、品質保証等の契約書に基づき、対外的に公表できる状態を構築しておき、取引先に対して事業継続性の信頼性を確保する。 発展的には、日ごろから、既存の仕事を効率化の融通だけではなく、技術交流を含め+アルファの相乗効果による業務拡大にも活用できる経営戦略である。

 

長くてすみません・・・。

これを共有意識を持ち、各業種で協定書を締結させる動きです。

今回は業種別に【建設業】【食品加工業】【サービス業】の各代表に集まってもらい調印式をその場で行いました。

調印式

調印式②

 

今回の主催者でもある、一般財団法人 危機管理教育&演習センターの細坪信二理事長が掲げる「お互い様BC連携ネットワークを活用して事業継続力を身につけもっと儲ける」をより広げていけるように、お互いの強み弱みなどを理解し合い、協力し事業を拡大し利益を確保する。理想かもしれませんが、大企業に負けないように中小企業が連携、協力し合うこの体制はとても発展的で素晴らしいと思います。その一つに関われたこと、実際に野村防災も東京の防災企業と調印式をさせて頂いたことはなによりの収穫です。

今後も引き続き、協定書に基づき、いかなる場合に備えてお互いに訓練しあい勉強会を通じて大きくなっていきたいと思います。

このサミットの前段で基調講演をいただいた、松島大輔氏/タイ国家経済社会開発委員会(NESDB)政策顧問から「タイのお互いプロジェクトの取り組みとアセアンでのビジネスチャンス」をテーマにお話しいただきました。

とても熱い方で話し方も凄い分かりやすい!あなたは松岡修三ですか(笑)と思うほどです!!!

 

今回の協定参加企業は以下のとうりです。

お互い様BC

 

今回のサミットはとても有意義な内容でした。

これで終わりではなく、引き続きネットワーク拡大、内容の強化、相互の連携協定等を深堀していきたいと思います。

この記事の著者